M&A支援

最近は中小企業でもM&Aが有効な経営戦略のひとつとなっています。

M&Aを有効に活用することで①成長のための時間を買うことができる。②事業規模の拡大により規模の経済を得ることができる。③事業の多角化を図ることができるなどのメリットを享受することができます。
しかし、M&Aはリスクが高い経営戦略でもあるため、M&Aが失敗した場合、会社の屋台骨を揺るがすほどの損失につながるおそれがあります。実際に、東芝、LIXIL、日本郵政といった名だたる大企業であってもM&Aの失敗によって多額の損失を被っています。
リスクの高いM&Aを成功させるためには、経営者の熱意に加えて、経験豊富なアドバイザーの役割が重要となります。

当社では、公認会計士、税理士をはじめとした経験豊富な専門家がワンストップでM&A仲介支援、デューデリジェンス、M&A後の経営統合の支援まで親身にサポートさせていただきます。
当社では、M&Aは売って終わり、買って終わりではなく、両社の経営統合を成功させ、M&A実行前に予定していた効果を発揮し、売り手、買い手、その従業員、取引先を含めたすべてのステークホルダーが幸せになるようにお客様のM&Aをサポートしたいと考えています。

当社では、以下のサービスの提供が可能です。M&Aの実施をご検討されている方は、お気軽にお問合せください。

・M&A仲介支援
・デューデリジェンス
・M&A後の経営統合の支援

PAGE TOP